FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

地方大会開幕

 台風、地震と大変な週末でした。
被害に遭われた被災地の方々にお見舞い申し上げます。

 高校野球の地方大会が始まり、どうしても気になって
朝になると新聞に目をやってしまいます。
僕のイメ-ジとしては、
    野球 = 辛い思いで なので、 
あまり思い出したくないのですが、ついつい母校東山高校
の事が気になってしまいます。
高校を卒業して40才を過ぎるまで仕事が忙しかったのも
有るのですが、一度も母校やグランドの門もくぐりません
でしたし、OB会なんかも行けませんでした。

 しかし、ここ数年野球部の同期と酒を飲むと当時の思い
出でかなり盛り上がります。年末には全員集合なんて企画
も出てますので今から楽しみです。
やっぱりガキの頃、共に汗かいて涙した友達はいつまで
経っても別格の存在です。おっさんになってだんだん実感
してきました。そんなもんなんでしょうね。

 今、まさにリアルタイムに汗かいて涙している後輩諸君
結果なんて考えず精一杯がんばって、いい思い出を作って
下さい。
 甲子園出れたら寄付金いっぱい集めて応援行きますので
がんばって下さい。
スポンサーサイト



復活・ジャイアンツ

 全国のジャイアンツファンの皆様お元気ですか?
ここ何年か肩身の狭い思いをしてきましたが、今年はなんだか
期待出来そうな感じがするのですが、僕だけでしょうか。
去年、一昨年と殆ど野球中継を見ませんでした。朝に新聞で試合結果
をチェックするのがせいぜいで、負けていても腹も立ちませんでした。
しかし、タイガ-スファンの楽しそうな顔を横で見ていると、なんだ
かムカムがこみ上げてきます。僕は高校まで野球をやっていて、特に
キャッチャ-というポジションだったのでどうしても攻撃よりも守っ
ている選手の動きに目がいってしまいます。守備位置や打球を追う一歩
めの動きなど。だから球場へ見に行って隣で阪神ファンが太鼓叩いて
風船飛ばしてるのを見ると、静かに野球みろよって思ってしまい、かな
りストレス感じるのでもう甲子園にはたぶん一生行かないと思います。
まぁいろいろな楽しみ方があるのでそれはいいんですけどね。
(阪神ファンの方、ひがんですんません)

今年、僕が注目する項目が5つあります。
まず、・1番脇谷・2番ゴンザレスのコンビの固定。
   ・6番サ-ド小笠原の固定。
   ・先発ロ-テ
    野間口・林・内海・姜・木佐貫・高橋の若手6本
   ・豊田・パウエル・久保のセットアッパ-
   ・上原のクロ-ザ-
以上で今年は必ず優勝間違いなし。 

40才の挑戦

 ジャイアンツの桑田投手が来期、大リ-グに挑戦するみたい
ですね。今期の終盤からフロントと去就についてもめてたので、
どうなるのか?と興味をもっていました。
 僕は、ジャイアンツ入団当時から桑田投手の大ファンです。
野球への取り組み姿勢や、ずば抜けた運動神経、バブルの時に
はちょっと金銭トラブルもあったけど、
やはり僕らの時代のヒ-ロ-の1人です。
彼とは同年代なので40才からの挑戦は体力的に厳しい事は肌
で感じます。だけど彼のなかに、何か野球に対しての未練みた
いなものがあるんでしょうね。なぜか共感できます。
本来ならこのままユニフォ-ムを脱ぎ、ジャイアンツで指導者
になったほうが安泰の人生をおくれるのに、僕だったらたぶん
こっちの選択枝を選ぶでしょうね。
トライアウトで引っかかってくる球団があるかどうかはわかり
ませんが、納得いくまでやってほしいものです。

日本シリ-ズ

そ~言えばプロ野球の日本シリ-ズやってるんですね。
申し訳ないですが中日×日本ハムでは、かなり盛り上がり
に欠けちゃいますよね。やはり巨人か阪神じゃないとダメ
ですね。
中日も日ハムも守備のチ-ムなので、いいプレイをしても
派手さがないから盛り上がらない。
新庄も守備は一流だけどバッティングはしょせん2割5分
の平凡な選手、中日の荒木と井端の二遊間も素晴らしいが
暗い、落合監督も人気イマイチだし、なにかにつけてもう
一つなんですよね。やっぱりプロなんだから見る者を引き
付けるオ-ラが欲しいですよね。
西部の松坂も来年はメジャ-だし、これからの日本のプロ
野球はどうなるんでしょうね。
やっぱり巨人が強くなくちゃだめですね。
フレ- フレ- ジャイアンツ

甲子園目指して...⑥

1年の夏休み、この頃の僕の体格は身長170センチ、体重50キロとガリガリだった。同級生の同じポジションのライバルが7人いた。実力的にはどっこいどっこいだったと思う。この年、甲子園を湧かしていたのが水野率いるやまびこ打線の徳島池田高校である。彼らは高校野球の常識をくつがえした存在である。バットをギリギリまで長く持ち、取りあえず振り回す、ランナ-が出ても送りバントなどせずヒッティングである。1番から9番まで全員ホ-ムランが打てる。こんなチ-ムは今まで無かった。身長はあまり高くないが、全員レスラ-の様にがっちりしていた。鍛え込まれた体である。僕は彼らを見て、これしかないと思った。身長はもうあまり伸びないだろうし、僕がこのステ-ジで活躍するには筋力を付けてパワ-アップするしか無いと思った。1年間で20キロアップを目標に1日5回食事を取り、がむしゃらに筋トレを行った。だが食べても食べてもなかなか体重は増えていかなかった。そして夏が終わった。
« | HOME |  »