FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登録免許税に係る軽減

皆さんこんにちは、仕事に追われなかなか更新が出来ない今日この頃です。
梅雨ももうそこまで迫ってきて、明日は天気良さそうなので久しぶりに釣りにでも行こうかと思ってます。若い頃は雨でも台風でも釣行してましたが、年とともに悪

天の日は出かけるのがおっくうになってきました。とほほほほ・・・・・

良い釣果が出れば又報告致します。

さて、今回は土地や住宅を取得すると自分の権利を確保するために所有権の保存登記や移転登記をしますが、この時に課せられる税金 登録免許税についてのあらましと軽減税率の延長項目について記します。
この税金の計算は

不動産の価格(固定資産税評価額) × 税率 = 税額 

このような計算式なのですがこの税率の軽減が今回20年3月31日まで延長されます。

まず、土地の売買に係る所有権の移転登記が 2% → 1%に軽減

しかし、建物に係る所有権保存登記、相続に係る所有権移転登記については、18年3月31日をもって軽減税率は廃止されました。

以上にに関わらず住宅用家屋については引き続き軽減税率が19年3月31日まで軽減されます。

新築住宅も中古住宅も一定の要件を満たしていれば

所有権の保存登記が0.15%・移転登記が0.3%・抵当権の設定登記が0.1

%になります。一定の要件については案件別にご相談下さい。

以上が登録免許税の軽減税率のあらましですが、どちらにせよこの1.2年で特例が廃止され通常の税率に戻ります。これが俗に言う登記費用なのですがどうせなら
安いうちに行動されてはいかがでしょうか。

それでは次回のブログ更新にご期待下さい。

スポンサーサイト
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。